愛知県の試作品・モックアップ製作なら株式会社東海モデル「製作の流れ」ページ

FLOW 製作の流れ

FLOW 製作の流れ

東海モデルの
試作品製作

東海モデルは、お打ち合わせから納品まで自社の社員が一貫して対応しています。
製作前に全体の工程をご説明し、必ずお客様に各工程の内容をご確認いただいた上で製作を進めます。

STEP 01 打ち合わせ・お見積り

打ち合わせ
お見積り
打ち合わせ
お見積り

お問い合わせ後、ご要望や予算などをお伺いした上で、お見積りを作成します。
お打ち合わせでは、長年培ってきた試作品やモックアップ製作のノウハウを活かし、お客様の「カタチにしたい」を実現する工法や素材などを提案します。複雑な形状やアイデア段階の製品でも、具体的な提案を行うことができますので、まずはお電話またはお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

こんな方は東海モデルに
ご相談ください

  • 意匠データから試作品を製作してほしい
  • アイデア段階の製品をカタチにしてほしい
  • 途中まで作成した意匠データを仕上げてほしい
  • 精度の高いデザインモデルを製作してほしい
  • 予算に応じた素材や工法で製作してほしい
  • 短期間で試作品を製作してほしい
お問い合わせ

STEP 02 意匠データのご支給・設計

意匠データのご支給・設計

意匠データ等がある場合はご支給ください。熟練のエンジニアがCAD/CAMでデータ処理を行い、加工プログラムを作成します。
設計や加工プログラムの精度は、試作品やモックアップの審美性や強度、製作速度に密接に関わるため、パーツ同士の噛み合わせや製造工数などを計算しながら緻密に設計します。

対応データ

  • NXデータ
  • パラソリッドデータ
  • CATIAデータ
  • STLデータ
  • IGESデータ
  • DXFデータ

※その他データもご相談ください。

STEP 03 加工・造形

加工
造形
加工
造形

CAD/CAMデータをもとに試作品やモックアップの加工・造形を行います。
東海モデルは、NC切削や粉末造形、光造形、注型、成形の高い技術力と、下地から作り込む丁寧な作業により、お客様のご要望以上の完成度で造形・加工することができます。また、硬質・軟質ウレタン、発泡材、ケミカルウッド、ABS、アクリル、金属、木材など、どのような素材でも幅広く対応することができます。

STEP 04 仕上げ

仕上げ

機械による加工・造形後、パーツの組み上げや研磨、下地の処理、塗装、メッキ処理、透明処理、鏡面仕上げ、布・レザー貼りなどの仕上げを行います。
熟練の仕上げ職人による手作業で丁寧に仕上げることにより、どこから見ても美しい最高品質の試作品やモックアップが完成します。

STEP 05 検査・完成

検査
完成
検査
完成

図面をもとに精度をあらゆる角度から計測し、外観の凹凸や傷、部品の機能などを検査します。
厳しい検査項目を全てクリアし、完成した試作品やモックアップをお客様のもとに納品します。